脳内補完したい人向けのかるーいコーナー。
実用性や公式の要素は皆無なので、全員が読む必要は一切ありません。

数字を想像して楽しくなっちゃう変態同志に捧げます。

陸上兵力の換算について


メタ的なユニット数で表されたら没入感ないよね!?
……ということ良い感じに脳内換算できるようにしましょー。

結論だけ


1 ユニット = 正面戦力 3,000 人 = 総兵力 9,000 人
機甲系 1 ユニット = 装甲戦闘車 100 両
砲撃系 1 ユニット = 砲 50 門

1 ユニット = 1 個連隊
3 ユニット = 1 個師団
1 個機甲師団 = 戦車ユニット × 2 + ユニット何か × 1

で計算すると良い感じの数値が出ます。( 小並感

こだわりのある方は自分で計算、設定してみるのも良いかと。

蛇足
補給含む各種車両は
「 ユニット数 × 300 」
でそれっぽい台数が出ます。
使ってみる

よくある兵力の例

40 ユニット = 正面戦力 12 万人 = 総兵力 36 万人

200 ユニット = 正面戦力 60 万人 = 総兵力 180 万人

500 ユニット = 正面戦力 150 万人 = 総兵力 450 万人

2,000 ユニット = 正面戦力 600 万人 = 総兵力 1,800 万人

史実の例 ( 諸説あり )
ドイツ国防軍 ( 1943 ) 総兵力 655 万人
ソビエト労農赤軍 ( 1945 ) 総兵力 1,130 万人

よくある装甲戦闘車 ( 戦車、自走砲、自走対空砲 ) の例

15 ユニット = 合計 1,500 両 ≒ 機甲師団 7 個相当

60 ユニット = 合計 6,000 両 ≒ 機甲師団 30 個相当

150 ユニット = 合計 1 万 5,000 両 ≒ 機甲師団 80 個相当

CoW における名称の問題点


CoW 内ではまとまった部隊へ勝手に名前をつけてくれるので
「 じゃあそれを基準に考えよう ! 」
としたいところなんですが、

諸兄姉もご存知の通り、アレはすごく適当です。
内実を反映しておらず何の参考にもなりません。

独自定義


CoW 内の単独ユニットは総じて 「 連隊 」 の呼称を与えられており、これは最も一般性のある設定と見做せること
歴史上、独立部隊の最小単位は連隊であったこと
これを基準に計算するとそれっぽい結果が出てくること(

以上の考察を踏まえ、このページでは
1 ユニット = 1 個連隊
と定義することにしました。

( あくまでオリジナル設定であり、公式性や正当性はありません )

ちなみに 1 個連隊 = 3,000 人が相場とされていますが、後述の事情があるのであまりお気になさらず。

師団への換算


理想としてはまず、わかりやすい 「 師団 」 に換算していきたいですよね。

しかし、ここでまた問題が一つ。

これまたお好きな皆さんにとっては常識かもしれませんが、
史実においても、部隊編成の基準には絶対的な定義がありません

ある国での 「 軍団 」 は別の国では 「 師団 」 規模だったり、そもそも対応するサイズの部隊が存在しなかったりするんです。

なのでここでは、WW2 辺りの例群を踏まえ
1 師団 = 3 個連隊
と定義してしまうことにしました。

少々無理やりではありますが、何より良い感じの結果が出るので
本ページではこのヘッドカノンで進めていきます。

この辺は主観でしか語れませんので、各人でしっくりくる脳内設定を作っちゃうと良いです。

兵員、装備数


総兵力 300 万人!!
装甲車両 5,000 両!!
っていう感じに換算できれば気持ちが良い。( 小並感

という訳でこれまた無理やり基準を考えていきます。
CoW の新聞発表

CoW 内の新聞で死傷者を表示してくれますが、
これは無視しましょう。

皆さんご存知の通り、現実での死傷者率は敗北度合いによって大きく変わるため、ここから素の人数を割り出すことは不可能であり無意味。
そもそもの表示人数もユニット生産で必要な人的資源の量 ( 人数 ? ) であり、参照は危険です。
師団からの逆算

一般的 ( ? ) には
1師団=正面戦力 1 万人前後
と言われます。

これまた国と時代によって全然違うのですが、キリがないのでその辺は割愛。

しかし、無視出来ない違いが一つ。
「 遠征軍は一般に 3 倍の人員をもつ 」
んですね。

歴史上で語られる数百万の大軍も、後方支援要員や交代要員、 奴隷や従者 などを含めた数字です。

とすれば
1 師団 = 総兵力 3 万人前後
としなければなりません。

そして 「 1 師団 = 3 ユニット 」 から逆算で
1 ユニット = 正面戦力 3,000 人 = 総兵力 9,000 人
となる訳です。

ぶっちゃけ何人にしようが完全に自由ではありますが、
これらを採用すると良い雰囲気の数字が出てくるので、個人的に推奨します。

「 正面戦力 」 「 総兵力 」 といった曖昧な言葉がお嫌いの場合は、自分で研究し細部を詰めていくのも面白いかと。
車両の計算

一個戦車連隊ってだいたい 100 両だよね。( 偏見

砲兵連隊は種類色々で比較不能だけど、主力砲で 50 門が相場かな。( 適当

輸送用の各種車両は一個師団 1,000 両って聞くよね。( 脳死

……厳密な定義はどうあがいても不可能です。
史実では千差万別に過ぎ、分析すら困難。

苦肉の策として、WW2 の独軍、米軍あたりを参考に算出しています。
体感で楽しむ分にはこれで十分かと思われ。

メンバーのみ編集できます