前置き

以前のCoWとCoW1.5の変更点
  • 地形による戦闘力の面でのデバフが無くなった
  • ユニットのバフがかかる土地の種類が増えている
  • 車両系ユニットは平地では速度でアドを取れるがその他の地形では速度がかなり落ちる 
これらの変更点から今まで以上に地勢を考えながら戦闘する必要があるように感じます。
良い意味で考えれば、戦術的駆け引きが増えた、悪い意味で考えれば、面倒になったというところでしょうか。

※注
*敵領での移動速度は全て半減される
*アジアドクトリンではバフが加わる際+20%追加される

森(Forest)

  • +50%のバフ
    • 対戦車砲、民兵、奇襲隊、パラシュート兵、駆逐戦車
  • +20%のバフ
    • 歩兵
  • 民兵、パラシュート兵、対戦車砲、駆逐戦車にステルス機能付与

対装甲ユニットに大きなバフが加わる地形です。機甲科運用の際は注意した方が良いかもしれません。
実際には機甲師団を配備しても歩兵師団を配備しても良いかと思います。ただ機甲師団の足の速さが削がれることを考えると、現状では師団を全部機械化する必要性はないような気がします。
また丘とは違い対空系にバフが加わらないので気をつけましょう。

丘(Hills)

  • +50%のバフ
    • 軍需品系統(対戦車砲を除く)、ロケット砲兵、自走ロケット砲兵
  • +25%のバフ
    • 民兵、パラシュート兵

砲系統、対空にえげつないバフが加わる地形です。この地形にいる部隊に対して空爆を行う際は注意した方が良いかもしれません。砲自体の攻撃力が底上げされるので戦闘時間も短くなる傾向がありそうです。

平地(Plains)

  • +50%のバフ
    • 戦車系統(駆逐戦車を除く)
  • +25%のバフ
    • 機械化歩兵、自動車化歩兵
  • +20%のバフ
    • 自走ロケット砲兵、自走砲
  • 車両系ユニットの速度の大幅向上

以前のCoWと同じく機甲師団の独壇場のような気がします。
他の地形で足の速さでアドを取りにくいことを考えると、機甲師団の運用はこの地形に集中する方がユニット本来の火力を出せるのかなと思います。
特筆すべきこととしては列車砲の足が平地では、かなり速いことです。列車砲が初期から終盤まで使える長射程ユニットであることを考えると、平地での駆け引きは割と重要になると思います。
ただ、対空系に一切バフが加わらないので、爆撃には気をつけましょう。

都市(Urban)

  • +50%のバフ
    • 歩兵
  • +25%のバフ
    • 対戦車砲、対空砲、自走対空砲、機械化歩兵、自動車化歩兵、駆逐戦車
  • 民兵、対戦車砲にステルス機能付与

以前のCoWとはかなり異なる地形になったと個人的には思います。
まず一つ目に大きいのは装甲科に属していたユニットにデバフがのらなくなったことです。
二つ目は戦車系統のHPが半分になるデバフが消えたことです。
この2つの変更により機甲師団の市街地突入もあまり怖くなくなった気がします。プロビンスが狭いので戦闘が起こるかどうかは知りません

山(Mountains)

  • +50%のバフ
    • 砲兵、ロケット砲兵、奇襲隊
  • +25%のバフ
    • 民兵
  • +20%のバフ
    • 歩兵、歩兵
  • 移動速度大幅減少
  • 民兵にステルス機能付与

砲兵、ロケット砲兵が化ける土地です。丘でも同じバフが加わるようになったので印象は薄くなりましたが相変わらず強力なバフです。特記すべき事としては、対空系にバフが加わらない事です。爆撃には気をつけた方が良いと思います。
また以前のCoWと同様に移動速度にかかるデバフが辛い地形です。
基本的にろくな効果の無い土地なのでユニットを置かないっていうのも割とありかもしれません。

メンバーのみ編集できます