人気度とは?


AIとの外交関係の良好度示す数値です。これが高いと主に通行権を貰えるという恩恵を得られ(滅多にない)、低いとAIから通商禁止→宣戦布告という流れで関係が悪化してしまいます。
ここであまりにも人気度が低下し、交戦国数が増えてしまうと、士気ペナルティで国力低下または国が崩壊する可能性があります。エリートAI導入後この仕様に引っかかっている人を多く見かけたので、人気度を高く保つ方法を下に書いておきました。興味があれば一読どうぞ。

追記:pc版では人気度がパーセント表示されるますがモバイル版では見ることができません。

人気度の重要性


基本的に欧州大陸程度の大きさのマップでは、しっかり宣戦布告をすることを気にかけておけば、他はあまり気にしなくても良い程度のものです。
ただ、史実マップや戦火の世界などの広いマップになると、初期拡張速度との兼ね合いを考えながら人気度の管理をしていかないと、基本人気度は上がることがなく下がる一方です。なので、管理を怠ると中盤から終盤にかけて地獄になります。そのため、士気管理と同じくらいの重要性を持ってきます。

人気度の低下する行動及び状態

  • 宣戦布告をすること(奇襲は特に重いペナルティが課される)
  • AI及びその友好国と平和より悪い関係状態であること
  • AIの敵国と平和以上の良好な関係状態であること
  • 通行権を持っていないのに敵国の領地内に部隊を配置すること
  • AI国家内でのスパイ活動が見つかってしまうこと
  • 人気度の低い状態で軍拡をすること
  • 人気度の低い国と同盟関係にあること(連合も含む)

人気度を上げる行動及び状態

  • AIの敵国と戦争状態であること
  • AI及びその友好国と通行権以上の良好な関係状態であること
  • 市場で貿易をすること
  • 他国から攻撃されること

具体的な人気度の管理方法


まず奇襲戦争は厳禁です。人気度-25%のペナルティで建て直しが効かなくなります。(2019年11月27日のアプデで奇襲戦争時のペナルティは-25%から減少しています。といっても宣戦布告よりは高い。)

戦争を始める際も、少し凝った手順が必要です。宣戦布告の1日前に通商禁止に関係を変更して、日付が変わってから宣戦布告すると人気度低下が低くなります。人入り国家と殴り合う時にこれを必ずやる事は難しいと思いますが、対AI戦では必ずやっておいた方が良いです。

人気度の低い国家には、通商禁止を早めに課しておくと人気度低下も防げますし、その国家へ宣戦布告する前に1日待つ必要が無くなるので吉です。

多数の国家との同時交戦は、人気度的にも士気的にも利がほとんど無いので、基本的には避けた方が良いと思います。

市場は積極的に活用した方が良いです。取引手数料が少し辛いこともありますが、意外に効果はあります。

スパイに関してはAI国家に対してスパイを使う事は少ないので、問題無いかと思います。

最後に通行権についてですが、AI国家が多いマップで初日から戦争を始めなければ数ヶ国はAI側から通行権を渡してくれます。が、私の感覚的には侵略戦争を始めたら、それ以降は通行権をどのAI国家も渡してくれなくなる傾向にある気がするので、諦めた方が良い気がします。

メンバーのみ編集できます